2006年03月24日

葉車の最強腹黒診断(腹黒度チェック)



 葉車

 「昨日の舞のヒロイン傾向チェックに引き続き、
  翔さんの翔がぼやく(´∀`*)ウフフの所で紹介していた


  腹黒度チェック


  をしたいと思いまーす」



  舞

 「腹黒ねぇ
  頭の中でいろいろ考える事が
  舞は別にわるいものだとは思わないけど」



  葉車

 「誰でもしてることだしね」


  舞

 「人が何を考えているか分からないから
  勝手に恐れて、現れた結果が自分の意思と
  そぐわなくって、腹黒っていうだけじゃない。
  感情を表に出すか出さないかってだけでしょ」


  葉車

 「そうだね。舞は感情は外に出してるから、
  腹黒じゃなくて
  もう全体が黒いよね




        
               ・・・・・・・・・・」


  舞

 「最近、うめき声を出させずに人を倒す
  方法お習ったの♪
  近頃物騒だし、舞みたいな
  可愛い子は特に、自分の身は自分で守らないとね

   では 診断スタート 」




あなたの【腹黒さ】はこんな感じ!

あなたの腹黒度はかなり低く、人の不幸なふるまいに遭遇すると【良心の呵責が痛む】タイプです。

あなたはかなり善人の気質。
人の不幸な様子を見ると、心から同情して、なにか手助けせずにいられないでしょう。
すこし気が小さいところがあるので、身近な人の腹黒い一面を見ても、それを正面から咎めることはできないのかも知れません。
その分、良心の呵責が痛むのを感じて、あとでひっそり人知れず涙を落とすことがありそうです。
心が美しく、感受性の強いあなたですが、社会で生きていくには不利なことも多いでしょう。
世間には人の弱みに付け入ろうとする腹黒い猛獣がうようよしています。

魂の黒さ  34%

心の黒さ  51%

ルックスの黒さ  6%

輝く白さ  100%


−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 07:52| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(0) | 占い・診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

舞の最強ヒロイン診断(ヒロイン傾向占い)





 舞

 「別館の方に来てくれた(迷い込んだ?)

  翔さんの翔がぼやく(´∀`*)ウフフの所で紹介していた 

 ヒロイン傾向占いをやってみるね

 最強のヒロイン 舞

 どんな結果になるかな」
 


 葉車

 「最強?最凶の間違いだろ


    ぐふっ・・・・・・・・・」


 舞

 「雑音が消えた所で、診断 スタート」





舞さんは癒し系 ヒロイン型です!

● 礼儀正しい上に積極的なので、誰とでも交流を深めることができます。
それ故、どこに行っても人気者で、周りに自然と人が集まります。
又、柔らかい貴方の発言には説得力があり、安心感を与えます。


【ヒロイン的傾向】
相手に安心感を与える達人です。
貴方の微笑みを糧にその日一日を過ごさんとする人もいるでしょう。
荒んだ心を貴方に癒して欲しいと願う者は後を立ちません。
それ故、貴方の周囲は常に貴方争奪戦の嵐、嵐、嵐。
しかし根本的に争いとは縁遠い貴方は、その争いさえも微笑み一つで鎮圧出来るはず。
友人のポストに就くのは容易いが、恋人のポストに就くのは容易ではありません。
貴方の知らない所で、貴方を巡る争いが冷戦の風を吹き荒ばしているでしょう。

大きな過ちが起こってしまう前に、異性の友人の見回りを実行しましょう。


●好相性●
鬼畜、天然。




 
 癒し系ヒロイン?
 舞は微笑むことぐらいしか出来ないから、
 それで癒される人がいるなら、舞も嬉しいな。
 舞の為に争いが起こるのは悲しいけど、
 男の人って、何かを手に入れようとして戦う時こそ
 輝くもの。正々堂々と行われるものなら応援するよ
 だから、逆に舞が自然に笑えるように
 みんなも応援してね
 

−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 02:46| 千葉 | Comment(5) | TrackBack(0) | 占い・診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

妄想 突撃!お宅の部屋殺人事件(又、前編)




   高校生の修学旅行で
  殺人事件が起こった!

  ぜんまい警部(以下、警部)と
  新米歯車(以下、歯車)は
  犯人を追い詰められるのか!





警部  「アパートの一室で
     男が殺されていると
     通報があった。歯車いくぞ!」


歯車  「あれ 
     7つ身殺人事件はいいんですか?」


警部  「おまえがトイレ行ってる間に片付いた。
     結末は聞くな。頭が痛くなってくる。
     まぁ、ここは他の者に任せて大丈夫だろう。
     あと 謎なタイトルつけるな」


歯車  「そんなぁ それじゃぁ前編と後編が
     全く別の話に
     なっちゃうじゃないですかー」


警部  「何 訳の分らない事を。
     取り合えず乗るぞ」




  あらあらほらほら
    それからどんどこしょ〜〜〜〜〜




警部  「ここが殺された
     被害者のいるマンションだな
     まだ他の連中は来てないようだから
     荒らすなよ」


歯車  「ポロリ お色気担当 
     ピッコロ 破壊担当
     あと一人誰でしたっけ?」


警部  「じゃじゃ丸だ 
     そんなのどうでもいいから
     行くぞ!」


歯車  「おじゃる丸 小さき人担当っと」






警部  「ここが通報のあった部屋だな」


歯車  「突撃 お宅の部屋!」


警部  「違った 隣だ」



奥さん 「きゃーー








警部  「特に目立った外傷はなし」


警部  「で その人は誰だ。」


歯車  「隣の奥さんです」


警部  「ゴンッ(歯車の頭を殴る音)
     奥さん お話は後で伺いますので
     ご自宅のほうでお待ち下さい」

歯車  「いったーぃ」


警部  「ふざけてないで
     真面目にやるぞ
     そこに仏さんがいるから
     死亡状況でもメモしとけ」

歯車  「返事はない 
     ただの屍のようだ」



     ゴンッ




−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 04:05| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | 妄想殺人事件 妄想は人をも殺す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

ぜんまい人形 再び 旅立つ



 舞  「ぜんまい人形のお兄ちゃん
     行ったね」


葉車  「うん」


 舞  「なんかやるだけやっていった
     って感じだね」


葉車  「うん」


 舞  「エクセル変換で遊ぼうも
     最初はエロい記事の
     予定じゃなかったのにね」


葉車  「うん」


 舞  「お兄ちゃんが関わると
     なんにでもエロになるというか
     エロの申し子というか」


葉車  「うん」


 舞  「少しエロ自粛してたから
     反動がでたのかな」


葉車  「うん」


 舞  「私ってかわいいよね」


葉車  「寒くなってきたし
     帰ろうか」






葉車  「ほら 早く来いよ
     置いてくぞー」

−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 04:25| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 煩雑な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

美少女戦士セーラームーンの歌に隠されたある男の悲劇



  葉車  「いろんな物をフィルタに
       通してみよう第2弾」


     フィルターの名前はExcite翻訳
     手続きは
     日本語→英語→日本語





  今日はあの有名な歌に隠された
  ある男の苦悩があきらかになるよ♪





 じゃぁ 早速いってみようか!






 元ネタはこちら


「美少女戦士 セーラームーン ムーンライト伝説」
作詞者:小田佳奈子
 
ゴメンね 素直じゃなくて 夢の中なら云える
思考回路はショート寸前 今すぐ 会いたいよ
泣きたくなるようなmoonlight
電話も出来ないmidnight
だって純情 どうしよう ハートは 万華鏡
月の光に 導かれ 何度も 巡り会う
 
※星座の瞬き数え 占う恋の行方
 同じ地球に生まれたの ミラクル・ロマンス※








 ではっ!




美少女戦士 セーラームーン

Sailor Senshi Sailor Moon

船員のSenshiセーラームーン



むーんらいと伝説

Legend that is not ー peel

ー皮でない伝説






ごめんね素直じゃなくて 夢の中なら言える

I'm sorry it is possible to say
when the dream no obedience and in.

夢であるときに、私は言うのが可能であることが残念です
服従とコネがありません







思考回路はショート寸前

The idea circuit : immediately before the short.

考えサーキット: 短さの直前






今すぐ 会いたいよ

I want to meet right now.

たった今、会いたいと思います







泣きたくなるようなむーんらいと





That is not becoming it ..peel.. ー. want to cry






それはそれになっていません。むけてください。ー、泣きたいです


それはそれになっていません。むけてください。ー、泣きたいです


それはそれになっていません。むけてください。ー、泣きたいです


それはそれになっていません。むけてください。ー、泣きたいです










少年A 

むけてない

ことを嘆く











なんだか 

泣けてきた!




−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 09:39| 千葉 ☔| Comment(24) | TrackBack(0) | エキサイト翻訳で遊ぼう お勧め! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

フィルターを通せば別世界



 葉車  「舞の一日をフィルターに通す
      いたずらをしてみよう!
 
     フィルターの名前はExcite翻訳
     手続きは
     日本語→英語→日本語






私は、登校初日に曲がり角で
見知らぬ男の人にぶつかったの。

I : in the corner at the going to school first day.
It knocked against a strange man.

私は、初日に群がるために
行くことにおける角で
見知らぬ人を打ちつけました。



 群がる為の角?
 こんなんじゃ、
 淡い出会いは
 期待できないなw








私の可憐な容姿にクラス中の視線がくぎ付けです

The glance in the class is nailing down in my lovely figure.

クラスにおける一目は
私のなまめかしい姿態で打ち付けることです。



 どこのSM倶楽部だよ!
 近頃の学校は凄いな!







プリントを拾おうとしたら、
私の頭と隣の男の子の頭がぶつかってしまったの

My head had knocked against the head of the next boy when the print was picked up.

印刷が再開されたとき、
私の頭は次の少年の頭を打ちつけました。

 

 クラスを
 しめる気マンマンだ!







彼はそっぽを向いて、
私にプリントをぐいっと突き出したの

His was thrust out and the print was thrust out to and me with.

彼のものに変わりました、
そして、印刷は変わりました。
外では、私に突き出します。


 ゴールデンハンマー
 所有権は移りました
 そして、外では昼間の情事







私はピンときたの。彼は私に気があるって

I came with the pin. He is ..having a mind to me...

私はピンをもって来ました。
彼はそうです。私に食指が動きます…



 舞・・
 そのピンは
 何に使うのですか・・
 食指って・・・













そうか

この学校は

ハレンチ学園

なんだな!



−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 05:19| 千葉 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | エキサイト翻訳で遊ぼう お勧め! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

少年は首輪をつけられて(BlogPet)

途中のことなんて覚えてない世界の海に沈んだその後慌てた母により動物病院に連れて行か


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「姐さん」が書きました。
posted by 葉車 at 09:04| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エロはいけないことだとおもいます



バトンですよ。その名も『 』バトン。

そして記事を書かされるために
呼び戻された ぜんまい人形


これはバトンを渡す人が
『 』の中に入るお題を決めて渡していくというもので、
出題者がその人をどう見てるかわかるものである


さて、バトンを渡してくれたPlusさんからのお題は!


エロス


はい そういう目で見ていたのですか
そうですか 否定はしませんよ
否定は


1.PCとか本棚にある『エロス』

語るまでもないな
なにせ、箸が転がってもエロスする男
と呼ばれたことはさすがにないが

 あれだよね



おかずがなくても

  出来るタイプだよね



と言われた事はあるぞ
どういうことだちきしょう

という訳でどんな物にでもエロスの魂を
感じることができる私には
ことさらエロスなものは必要ないのだ



2.今妄想している『エロス』

 割れていない割り箸で乳首を挟む


3.初めて出会った『エロス』

 よく覚えてないけど
 たぶん エロム街の悪
 乳が顔よりでかっかった
 改造人間かと思った


4.特別思い入れのある『エロス』


 「あ〜ん ぱんつまでおちちゃう」

 こちらの記事参照


5.あなたにとって『エロス』とは?

 
 敵、味方を欺く仮面
 実はそんなのエロくない


6:バトンをまわしたい人7人とその『お題』


 愛に疲れた人へ    「保険金殺人」
 お金に疲れた人へ   「自己破産」
 友情に疲れた人へ   「連帯保証人」
 会社に疲れた人へ   「上司の上手な折りたたみ方」



 生きるのに疲れた人へ 








 このブログを見て

        元気出して!



−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 00:44| 千葉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | バトンバトントトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通に答えてみた


 類稀なる美少女お笑いリンク系の

 お嬢様

 よりバントを戴きました


 ・・・「フェチバトン」を!


Q1 あなたは何フェチ?

 仕草フェチ  
       次


Q2 異性を見るときまず何処を見る?

 首元
 腰
 うなじ  

       次



Q3 最近プッシュ出来る部位は?

   脳

       次




Q4 異性の好きな部位?×5


 うなじ
 腰
 指
 首元
 おなか

       次



 
Q5 フェチを感じさせる衣装は??

 だぼだぼの男用のYシャツを
 着た姿
 
 結構地味だが
 細身のパンツ
 体の線が出るもの
 ジーンズも意外と体の線がでる

            以上




 
 なんか
 あんま人のとこでみない
 解答になった


            以上

−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 00:15| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バトンバトントトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心に残る言葉

  

  誰にでも心に残っている言葉って
  あるんじゃないかな?

  僕にもそんな言葉がある


  いくつかあるそれらの言葉の中で
  最も古い記憶の中にあるものを
  今日紹介したいと思う




  それは幼稚園でのこと
  といっても古い記憶は薄れて
  弁当を食べるのが殺人的に遅く
  苦労したことぐらいしか
  覚えてないのだが


  でも夢というにはリアルな記憶

  
  体操服に着替えて教室の外に
  出た時の事
  僕も含め 男子はとっとと着替えて
  外に出て遊んでいた

  そこに飛び込んできたクラスの女の子の声









  あ〜〜〜ん

 パンツまで脱げちゃう〜〜〜〜





  それからどうしたのかは記憶にはない

  その言葉が強烈すぎて実際なにがあったのかは
  記憶から消えてしまっている
  想像する他ないのである


  彼女に何が起こったのか!

  その言葉は今でも僕を苦しめる

−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 00:01| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 煩雑な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

連鎖する恐怖 返事をしてはいけない



 この記事は怖いものが苦手な人は
 見ないで下さい
 この一文がぜんまいに残った最後の
 良心なのだから


 読み始めたら最後まで読むしかないから



 ごめんなさい。





























 それはブログサーフィンをしている時に
 一つの記事を見つけたことから始まった


 そのブログ自体は普通の日記系のブログの
 ようだった。一つの記事を除いては。



 記事の本文は、赤い文字で



 絶対

 返事をしないで下さい




 と
 だけ書かれていた。



 気になった僕は 続きを読むを
 クリックした。




 記事にはこう書かれていた


 見てくれた方ごめんなさい
 罵ってくれてもいいです。
 今回、これほど自分が弱い人間だと
 思いませんでした。


 ごめんなさい。
 でもどうか、最後まで見てください。







 その後に続く記事を読んだ僕は
 寒気を覚えながらも
 よくできた作り話だなと思い、
 それでも、
 もうパソコンを見る気にもなれず
 電源を落とした。
 





 それから2日目の夜



 ふと目を覚ました
 いつのまにか寝てしまっていたようだ
 もう、外は暗くなっている
 変な時間に寝てしまったな
 この分だと今からは寝れないな
 明日起きれるかな?
 と心配だ








 ぼーっとしていると


 「○○ 起きてるの?」


 と母が呼ぶ声がした


 「うん」


 それは条件反射ともいえる行為







 あ・・


 返事をしてしまった



 まさかな
 まさか








 ゆっくり振り向くと
 窓の外に2つの目が浮かんでいた






 僕は気を失った














 
 今後3日間の夜、
 姿が見えない相手に対しては



 絶対
 呼びかけに

 答えないで下さい



 電話はどうかわかりません


 それが本当にその相手ならよいのですが


 それ
 はあなたが呼びかけに答えてくれるのを
 待っています


 外から来た邪は基本的に
 中のものが呼び入れないと
 入って来れないようです



 もし呼びかけに答えてしまったなら
 僕のように、起きた事を誰かに
 伝えないといけません
 そうすればそちらの方にいくようです



 すぐに命が無くなるという事は
 無いようですが
 机の上に赤い文字で9と
 書かれていました。




 御免なさい
 そのまま放っておく勇気は僕には
 ありませんでした


 

 
 僕が見たブログはその後見に行った時
 閉鎖されていました。
 もしこのブログも閉鎖されていたら
 自分の心の弱さに気づき、
 又、見てくれた方への申し訳なさ
 責められる怖さによるものとお考え下さい






 
 ごめんなさい






 −後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 04:33| 千葉 | Comment(10) | TrackBack(0) | ぜんまい人形の中身の無い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

勇気を出して触るのよ!実践テク



舞 「バトンをやるはずだった
   ぜんまいお兄ちゃんが
   胸を病んだので、

     今日は

  モテナイ男の為の

       実践テク


     を舞がおしえちゃうね」





取り合えずアタックする際に関してなんだけど
相手が、自分をどう思っているかということは
知っておいたほうがいいと思うの。


押して押してというのも一種の戦法だけど
あからさまに嫌われているのに押しても
更に嫌われるだけよ



相手が自分をどう思っているのか
ある程度知るにはこれ!



ちょっと触れてみる



飲み屋の席なんかで、きになる女の子の
隣に座ったら、酔った振りをして
膝で軽く相手に触れてみるの
テーブルの下でさり気なくね


相手が普通にしているなら、少なくても
嫌われてないと見ていいかも
逆に、あからさまに避けたら
すこし様子を見たほうがいいと思うわ


飲み会はチャンスがいっぱい
あなたも頑張ってみて



−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 01:07| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | チャンネル072を廻せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地の底で空を見上げた



 目に見える幸せを追いかけてここまで来た


 だけど、
 そんなものはすぐに消化されてしまって
 体だけがどんどん重くなっていく

 お金が欲しい
 名誉が欲しい
 恋人が欲しい
 自分に似合う服がほしい
 おいしいものが欲しい

 一つ手に入れれば次へ
 私の欲求は果てしなく続く




 もう空は飛べないかもしれない

 



 青い空
 白い雲
 それはとても遠くに見える


posted by 葉車 at 00:03| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 葉車 虚無に話しかける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

エリーゼ 胸が苦しいよぉ



 無茶したら体調を崩しました
 ここで若くないなぁって思うと
 若くないので
 この胸の苦しさは恋によるものだと
 思うことにします

 明日、病院に行くかもしれませんが
 お医者さんでも草津の湯でも直らないようなので
 どうしようかなぁ
 男の人って病院が嫌いなのよねぇ
 本当にプライドばっか高くて
 
 そんな訳で(とはいえ、前の文と後ろの文が
 繋がってないことも多い。日本語の不思議)
 あんまり頭を使わないで記事を書きます


 ブログジャンキー


 詳細設定で見たいカテゴリ選べるのですね
 アフェリエイトなどは外しておきました

 縦にスクロールすると文字の残像が残って
 大変なことになるブログってありますよね
 あれって原因はなんなのでしょう?

 たまに当たりだ!って思うブログが
 みつかると嬉しいですよね。コメントを
 残してきたブログは、だいたいお気に入りに
 入れています。ただいま6個。


 読者様 いわば心の友


 最近、訪問回数が800回を超えた方が
 いた事と
 過去の記事まで見てくれる方がいるようです


  ありがとうございます


 とか いって巡回ソフトだったら
 どうしよう とドキドキしてます
 だれだろ〜
 だれだろ〜
 

 最近困ってること

 最近トラックバックがうまくいきません
 20回に一回ぐらいの成功率でしょうか
 FC2のほうに問題があるのか
 シーサーのほうに問題があるのかわかりません
 もっとも、ぜんまいに問題がある可能性も大
 ひょっとして拒否されてる・・・・とか?

 お嬢様さん! ハラキリさん! 花矢さん!

 
 
 すけじゅーる

 元気になったら、頂いたバトンなどを
 やって(そのときは顔を出します)
 あとは、葉車と舞が適当に語ります

 自分のお勧めの記事をトップに持ってきている
 方とかいますよね
 でも、自分がお勧めする記事が他の人にとって
 面白いとは限らないので、読んでる方に
 選んでもらおうかなって考えてます。
 今まで読んだ中でかまいませんので、
 印象に残った記事、
 面白い記事をあげて下さいって感じかな
 もし解答してくれた方が望むなら、
 その回答者のブログのお勧め記事を、
 ぜんまいも挙げる予定にする予定のつもりw
 休みに入って、覚えてたら実施予定


 とりあえず そんなとこ


         −奥地の恋人 ぜんまい人形ー


−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 22:08| 千葉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ぜんまい人形の中身の無い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

少年は首輪をつけられて



  それは僕が小学3年生の頃だったかな
  ちょっと時期については曖昧なんだ
  あまりにも その記憶がショックだったから


  学校からの下校途中、スーパーの
  前に犬が一匹繋がれていた

 
  無邪気な僕はその犬に近づいていったんだ


  犬は吼えていた
  見知らぬ目の前の少年に対してなのか
  平坦な世界の理に対してなのか

  
  それでも、恐れをしらない少年は
  近づいていった





  ・・・



  何が起こったか分らなかった
  暫らくして痛みが僕を襲う



  泣いた
  泣きながら帰った
  途中のことなんて覚えてない
  世界は涙の海に沈んだ

  











  その後
  慌てた母により










動物病院に

 連れて行かれる




猫ィ.jpg




−後日談 裏話を読む−

2006年03月11日

付け乳首再利用を考える ポチっとな




  舞  「葉車 前のアレ考えたの?」


 葉車  「アレって?」


  舞  「お嬢様へのコメントで付け乳首の
      再利用を考えるっていってたじゃない」



  
  こちらの記事コメントより一部抜粋


  Plusさんへ
 
  人生シャンプーハットゲームとは
  外出不問のサバイバルゲーム。
  光の後継者を育てるための
  ほのぼの大会であり、
  優勝者には付け乳首1年分が贈呈される

        −ぜんまい覚書より−

  Plusさんへ

  付け乳首は使用後黒ずんでしまうので使い捨です。
  また、勝負付け乳首など各種が揃っています


  お嬢様さんへ

  人に噂されるのって、美容にかかせませんものね♪
  付け乳首はいつも綺麗なものを用意しておきたいものです
  再利用法については考えて見ますね


 
  
 葉車  「うん 言ったけどさ」


  舞  「あんまり下ネタを記事にするのが
      気に進まないなら
      ぜんまい兄さんがこう言ってたよ



      人は体調を崩しても、

   人から薬を貰うだけで、

   自分の体を知ろうとしない。

   人間の悪い面である。

   それが己の体のことなら

   エロと一括りせずに

   真面目に向き合うべきである
 」




 葉車  「正論っぽいけどさ
      ぜんまい兄さんが言うとあれだよな」 


  舞  「私もそう思う」


 葉車  「じゃぁ やっぱり」


  舞  「でも考えてみてよ
      ブームが去ったとはいっても
      いつどこでニーズがあるか分らないのよ

      将来

      ごめん。乳首の大きい女性が好きなんだ。

      なんて言われて振られたらショックよ」


 葉車  「そりゃぁショックだろうね
      でも、そんな男とは付き合わないほうがいいよ」

      
  舞  「とにかく、立派な大人の女性になる為に
      知っておいて損はないと思うのよ」


 葉車  「知るって?」


  舞  「付け乳首のことをどんぐらい知ってる?」


 葉車  「うーん そういえば名前ぐらいしか・・」


  舞  「そう 名前だけは知ってる人が多いけど
      実際の所を知ってる人は少ないのよ
      それに、女性のファッションや
      アクセサリーといった分類で探しても
      どこにも載ってないのよ
      これは人の隠された裏の面を知るチャンスよ」


 葉車  「大げさだとおもうなぁ
      でも

      付け乳首は

      硬いのか?柔らかいのか?
      中空になってるのか?
      実際にどう取り付けるのか?
      男のニーズはあるのか?
      付け心地は?
      普段着でも有効か?    

      とか、わかんないこと多すぎるな」


  舞  「でしょ?

      哺乳瓶の先端の吸い口を
      代用品として使えるか?とか
      使っていくうちに黒ずむのか?とか
      吸い心地はいいのか?とか
      押してみたくなるのか?とか

      分らないことが多すぎるのよ」


 葉車  「で どうやって調べるの?」


  舞  「インターネットってもんがあるでしょ」


 葉車  「履歴に付け乳首なんて残したくないよ」


  舞  「なにを今更」


 葉車  「それよりさ、ケーキ買ってきたんだけど
      食べない? ほら最近できたじゃん
      そこのやつ」


  舞  「ほんと?じゃぁ 紅茶淹れるね」


 葉車  「このカップ、センスいいと思わない?」


  舞  「シンプルだけど、つかいよさそう
      どこで買ったの?」


 葉車  「ほら 郵便局の角を

      
      
−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 01:14| 千葉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | コメントから広がる広大な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

CLOCKファミリー構成



 舞 「少し遅くなったけど簡単に構成を
    説明しよっか」

葉車 「あ うん まかせるよ」

 舞 「葉車がやるのよ。葉車の紹介は
    してあげるから」

葉車 「はいはい」




  過去


 箱助&葉子

 「暗箱獣 話喰箱」の管理人

  獣は箱助 箱は葉子からつけられたとのこと

  現在、暗箱〜は閉鎖
  箱助、葉子とも身を潜めている


 ぜんまい人形


  箱助、葉子の意思を継ぎ
  「ClockWorkWorld」を作り出した人
  エロい。現在、放浪中

 



  現在


 葉車(14歳)


  ClockWorkWorld例外編
 「僕の秘密の部屋へ。価値観の積み木崩し。」
  の管理人の一人。

 猫を被っているけど、悪い人を
 演じようとする少年。
 悪い人=かっこいいと思うお年頃。
 舞に翻弄される日々。苦労人。
 本記事の他にコメント、雑用担当

 「なんだよ この紹介は」


 墨禅 舞(15歳)

 同じく管理人の一人
 可憐な美少女。
 気ままに思った事を実行する。
 めんどくさいことは、
 葉車にまかせちゃえばいいや。
 毒舌担当?

 「楽しいことないかなー」


 苗字が違うように血のつながりはない
 関係は秘密
 
 
 葉車「こんなもんでいいかな」

  舞「ずいぶん適当だけどいいんじゃない?」

 葉車「という訳でよろしくお願いしまーす」



−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 01:53| 千葉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 煩雑な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

皿の上のお話 喰われていく人々



 僕を食べて下さい
 世界の悲しみや苦しみを内包した
 この僕を食べて下さい
 あなたの中という小さな世界の中で
 私は救われるのでしょうから


 私を食べないで
 あなたという大きな存在に飲み込まれた私は
 細切れの意識の中で何も出来ずに
 ただ嘆くことしか出来ないのだから


 「食べられる物達だって
  どうせならおいしく食べて欲しいんじゃない?」
 って本気でいってるのか?
 一度、喰われてみろよ


 切られました
 茹でられました
 すりつぶされました
 そしてこれから食べられるのです
 私たちがなにをしましたか?


 ここには意識なんて存在しない
 そう思えればどんなにいいか


 これが喰われるって事だ


           −皿の上のお話 喰われていく人々−


−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 00:27| 千葉 | Comment(14) | TrackBack(0) | ボクノセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

キャラミル研究所 僕ってこんな人?




 みなさん今晩は

 ぜんまい人形の兄さんが
 私用で旅に出たので
 ブログの管理をまかされました

 葉車 と申します

 これからよろしくお願いしますね


 早速ですが今日は頭の中の3人のお話

 あなたの中にはどんな三人がいますか?




  ぐるみさんのところから頂いてきた

  キャラミル研究所

 を訪問してみたいと思います

 

 結果


 僕の頭の中にいる3人はこの人

「セルフ」「インスペクター」「フィーリング」

 表の顔は 「SLOW」



 一人目「セルフ」

「セルフ」は
ぐずぐずと人に相談する前に
自分で考えて実行し、
最短距離で問題解決を目指す堅実派発想のヒトです。
感情論に走らないよう自分をコントロールできるので
ヒトになにか言われてもそれほど動じません。
大人っぽく聡明な印象を持ち、
ハメをはずして失敗したりすることは、ありません。

外から見るとちょっと取っつきにくかったり
面白みに欠けるなあ、などと思われるトコロもあります。

とにかく無駄を嫌います。
会話を脱線させないので
要所要所でコミュニケーションの要点を押さえる
カナメになっていることも少なくないでしょう。

行動特性
「遠足で迷子になって勝手に家に帰っちゃうタイプです」

・激しく感情を表に出したりすることが少ないです。
・無駄話や本題になかなか入らない会話を嫌います。
・ヒトになにかモノを頼むのが苦手(下手)です。
・チームの足並みがそろわないとき、
 勝手にチームを離れ、単独行動に走りがち。



 2人目「インスペクター」

「インスペクター」は
常に考える人です。
慣例や伝統、モラルといったものすら、まず疑う。
「あーでもないこーでもない」という発想をします。

例えばなにか決め事をするときにでも
「みんな、そうしてるからー」などと
ありがちな結論で納得することはありません。
問題や仮説を思いつき次第投げかけ
自分なりに納得できる究極の意見をまとめるべく、
じっくりと悩みます。

様々な意見や考えに柔軟な興味を持ち、
いろいろトライしてみたりします。
時に「やったもん勝ち」的な大胆な選択で
意外なチャンスを得ることもありますが
ふってわいたような謎の言動や行動で
周囲をはらはらさせることも。

いつでも真剣に考えているのですが、
比較的ころころと意見が変わったり、
考えながらしゃべったりすることもあるので
周囲がそのスピードについていくのは容易ではありません。
「あんた、ただ文句言ってるだけじゃん」などと
言われるとかなりつらいなあ。泣こう。

行動特性
「基本的に『文句言い』です」

・常識はずれのアイデアで皆を驚かせる天才肌
・定番、とかヒトと一緒に価値を感じません。
・こうしなければ!とか、こうするべき!とか
 押しつけがましい意見をいうヒトを嫌います。
・意外に押しが弱い一面も。自信がないとあきらめたり、
 意見をすぐ引っ込めたりします


 3人目「フィーリング」

「フィーリング」は
いわゆる「カンのいい人」です。
事実だけでなく、いまの気持ちや直感を考慮して
物事を決めます。

「気持ち」とか「勢い」とか「根性」とか
「みんなの元気をオラにわけてくれ」とか
そういうもので気持ちを左右されます。

がちがちのお役所的発想とはまったく逆。
ユルユルです。かたいこといいっこなしの柔軟さ。
ときには「いいよいいよ」のお目こぼしもアリ!
という寅さん気質です。

しかし、仕事やチームワークの場面では
当たるも八卦。当たらぬも八卦。
話に一貫性がない、約束したことを守らない、といった
風まかせの一面もままあります。
「えへへ」ですまされるか、どうかは
その人の愛嬌にかかっています。

行動特性
「ふやーっとモノを考えるのが好きです」

・じっくり考えるより、直感的に行動します。
・楽観的で悩みがなさそうに見られがちです。
・数字、データ、メモ、など。実は好きじゃないです。
・前に言ったことを忘れてることがあります。


 そして表の顔の「SLOW」

主な特徴

正直で隠し事がなく、とっつきやすい印象のヒトです。
うわべだけの会話、社交辞令がきらいで
おべんちゃらは言いません。

自分では口下手と思っているフシがあり、
パーティや大人数が集まる社交の場は
どうも居心地が悪く感じるようです。

逆に少人数でいるときは語らうことを好みます。
特に二人きりになると、普段は重い口も開き
つい「語ってしまう」クセがあるようです。
むしろ語りたい、いや語らせて。ってかんじ。

しかし、言いたいことがあればあるほど
なかなか話がまとまらなかったりして。
「うーんいいや。うまく言えない」
と諦めてしまったりします。

徐々に交流を深めて初めて理解できる
するめ系のコミュニケーションタイプです。





   こんな感じの3人が頭のなかで
   わいわいがやがややってるみたいです
   道理でウルサイとおもったんですよー

 
   みなさんもお試しアレ


−後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 03:31| 千葉 | Comment(17) | TrackBack(0) | 占い・診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

ClockWorkWorld 例外編




  −ここではない、とある場所で−



ぜんまい  「ちょっと、そこらへんフラフラして
          くっからその間、頼むよ」

  葉車   「りょーかい、帰ってこなくていいよ」

ぜんまい  「相変わらずだな 舞もよろしく頼むよ」

   舞   「なんで私が葉車のおもりしないといけないのよ」

  葉車   「逆だろ 逆」

ぜんまい  「その分なら大丈夫だろ。
        じゃぁ 適当にやってくれ」


   舞   「お土産よろしく」



  ぜんまい人形 退場




 葉車    「さて 変なのが行ったことだし、
        ここも変えないといけないな」

 舞     「ピンクの可愛いのがいいよね」

 葉車    「却下。というかお前に似合わねえよ」

 舞     「あら、葉車には似合うっていうの?」

 葉車    「テンプレートすくねぇからな
        黒系がいいんだけど」

 舞     「はぁ こんなんで大丈夫かしら」

 葉車    「お前が暴走しなきゃね」

 舞     「私がいつ暴走したのよ」

 葉車    「自覚が無いのかよ。万年暴走女。
        この前だって、勝手に登場しやがって」

 舞     「だって退屈だったんだもん」

 舞     「それより、あんたもお得意の猫かぶり
        大丈夫なの?」

 葉車    「僕なら大丈夫ですよ」

 舞     「はいはい じゃぁ 行くよ」



 ClockWorkWorld 例外編

  僕の秘密の部屋へ。

       価値観の積み木崩し。




           スタート

 
 −後日談 裏話を読む−
posted by 葉車 at 00:08| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 煩雑な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。