2006年02月13日

第七話「先生、やめて下さい」



「チャンネル072(ゼロナナニ)を廻せ!」

  
 第七話「先生、やめて下さい」


 生徒と教師
 いけない遊戯


 この話も実話です(たぶん)






  これはぜんまい本人が
  体験したことではありません
  友人の話を元に構成されています



 小学校にクラブの時間というものがあった。
 確か、金曜日の5時限目かな


 ぜんまいはドッジボールクラブに入っていた。

 何故、あんな危ないクラブに入っていたのだろうか

 炎の転校生に憧れていたのかもかもしれない。
 まぁ なんとなくというのが正しいのだろう。


 ドッジボールでは、ぶつける側というよりは
 逃げる側であった。そして、最後まで残った。
 実は、ボールを当てられた記憶はない。
 クルブでドッジボールをやった記憶が
 2回ぐらいしか無いせいなのだが。

 このドッジボールの記憶が、
 後のぜんまいの人生に大きく関わってくる



 ということは無かった。


 
 ちなみに、ぜんまいのドッジボールの話は、
 本編と全く関係が無い事を、ここに記しておく





 さて本編の主人公 名前をY君


 彼は一輪車クラブに入っていた。

 小学校における一輪車の人気ってなんだろう。
 一輪車の存在理由に通じているのかもしれない
 「苦労して娯楽を楽しむ」
 まぁ どうでもいいか


 Y君とは、クラスが一緒の友人であったのだが、
 クラス担任が一輪車クラブの顧問であった
 (男の先生である)。



 ここからは聞いた話である


 この顧問がどういった経緯でかY君達と賭けをした。
 一輪車でグランドを一周するといったものだ

 一輪車クラブの担当が一輪車があまり上手でないことを
 Y君がからかったのであろう。

 それからしばらくして 担任の先生は賭けに
 勝つことになる。

 問題はここからだ。






 賭けに負けたY君の罰とは



パンツ一丁になること



 だったのである


 そして その罰は



体育倉庫の中で行われた





 体育倉庫の中というとあれである
 いろんなドラマが起こる所だ




そんな中で

パンツ一丁の生徒(男)と

先生(男)・・・・





  当時はこの話を聞いても何も思わなかったが
 今にして思えば大事じゃないかな?




Y君

本当に失った物は

なかったのか?




 
 担当の先生が特殊な嗜好を
 持っていなかったきになる所である





 Y君がカッコイイ部類に入っていたことと
 賭けをしたのはY君以外にもいたのに、
 パンツ一丁になったのはY君だけであるということを
 言っておこう・・・




 
 
  世界中の少年の心を持つ大人に捧ぐ


        




 追記

 なんでパンツだけしかはいてない状態を
 パンツ一丁っていうのかな
 パンツって一枚、二枚って数えるよね?

 
posted by 葉車 at 03:39| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | チャンネル072を廻せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
危うい!
小児男児を好む教諭だったかもしれませんわね!

わたくしの学友の小学校時の教諭(40代男性)は、
旅先で近くの部屋に泊まっていた男児にイタズラをして
懲戒免職になったようですの。

パンツって、やはり白の名前入りブリーフだったのでしょうか。
Posted by ojousama at 2006年02月13日 09:41
お嬢様へ

イタズラですか・・イタズラはいけない
ですねー。お婿にいけない体になってしまいますからね。
まだトランクスが主流って時代でもなかったし、小学生だったからブリーフかな?名前は母親しだいですかねw今って小学生でもトランクスが多いのかな?
Posted by ぜんまい人形 at 2006年02月13日 17:28
こ、怖い。。。
危ないですよ、それ。
Posted by ひよこ at 2006年02月13日 19:53
ひよこさんへ

世間は怖いこと、不思議なことが
いっぱいです。
社会の裏路地にちょっと入れば
そこは異世界ですよー
まぁ 僕に被害が出ることはなかったので
良しとしますw
Posted by ぜんまい人形 at 2006年02月14日 00:30
今の男児はトランクスですわよ。
卒業研究の調査先が児童館だったので、これは自信がありますわ。
わたくしが若いからでしょうか、彼ら中身まで見せてくれましたの。
大喜びしたところ、子供たちは正直ですわ、
急に恥ずかしがってもう見せてはくれなくなりました。

Posted by ojousama at 2006年02月14日 00:49
お嬢様へ

そうですかぁ
それでは旅行先で、
お風呂の脱衣所に、名前入りの
白いブリーフが落ちているといった事は
無くなってしまうのですねぇ
時代の流れですかねw

中身!男の子達はお嬢様の恥じらいを
期待していたのかな?w
Posted by ぜんまい人形 at 2006年02月14日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。